08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Select entries
Archives
Categories
Comment
Trackback
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Sponsored links
Others

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

新年最初の更新がこれって………

いいんだ、今年も煩悩にまみれて過ごすから!
そんなサイトを今年もよろしくお願いします


aegis:漢字カタカナでお題
【http://www5.pf-x.net/~aegis/】

7、楽園ジュイゾ(至福の園)



広いバスタブを覆う心地の良い泡は、ほんのりと淡い紫だ。
「ァ…ひゃあ、ヤ……」
ゆるりと水中で肌を辿る手。胸の輪郭を一本の指が丁寧に這っていく。ぱしゃん、と跳ねた指が水面を揺らす。
広いバスタブ。黒蓮はマルクスの膝の上に乗せられ、背を預けて湯に浸かっている。
「お願、い…やめ」
「やめて?もっと、じゃなくてかい」
「ひゃあっ!」
零れるほど、とはいえないが形の良い乳房をわしづかめば甲高い嬌声があがる。快感に弓なりに反り返った首筋をゆっくりと舌でなぞる。
「甘いね」
ピンクに色変わった肌は欲を煽る。
腕の中で喘ぐ。誰も知らない顔。あると思わなかった独占欲が満たされる。今まで感じたことがなかってせいか、我慢がきかない。黒漣を知るものを総て、死に送るほどに。誰も知らない、誰もいない。自分だけ。自分だけが知っていれば良い。

わたしだけの、もの


「…マ、ルク……ス」
広い浴室、明るい室内、湯気で白く染まる中に不釣り合いな声が響く。
涙が浮かんで潤んだ眸に見つめられ、反応しない男はいないだろうと内心で思いながら、
「どうした?」
「ァ…ん、愛……シ、てっ」
る。と続く前に動いたマルクスに声はかき消され、その代わりに黒漣の躰が一際大きく跳ねた。
| title | 14:04 | comments(0) | trackbacks(0) |

太ももを伝うそれは宿らせることなく

ケータイで打ったんだけど、改行含めて1500文字くらいになった。10題目。原稿用紙三枚半くらい?疲れた



aegis:漢字カタカナでお題
【http://www5.pf-x.net/~aegis/】

10、理不尽リゴリスト(屈服させんとするその力)


続きを読む >>
| title | 00:36 | comments(0) | trackbacks(0) |

僅かに足りない私の、

血液成分。昨日、献血に行ったらまた出来ませんでした。通算三回目?イヤ、四回目?
どんだけ向いてないんだろう。
いい加減、してみたいんだけど


aegis:漢字カタカナでお題
【http://www5.pf-x.net/~aegis/】

9、淫猥リキッド(体の渇き)

5年以内



続きを読む >>
| title | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) |

すべての感情は涙に消えた。

 aegis:漢字カタカナでお題
http://www5.pf-x.nt/~aegis/


08.無軌道ラダー
(舵は何処に)


続きを読む >>
| title | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |

硝子の中に住んでいた人形

aegis:漢字カタカナでお題
http://www5.pf-x.nt/~aegis/


06、悔恨ジューダス (ユダは悲嘆に暮れ)


マルクスの元に渡る前の黒蓮の状態 と 来たばかりのころの話


いつもより長い
水曜更新が木曜更新にならない前に直さなければ!
続きを読む >>
| title | 16:22 | comments(0) | trackbacks(0) |